トラブルシューティング

 

1. ブラックスポット、ブラウンストリークトップ

説明

ブラックスポットとブラウンストリークは、暗い色の点や線の形で成形部品に残るもので、多くの場合は成形材料に対する熱損傷が原因です。

可能なソリューション

-材料汚染を確認します。

-溶融温度を下げます。

-全体のサイクルタイムを短縮します。

-スクリューとバレルをパージし、洗浄します。

-スクリュー速度を下げます。 スクリュー速度が高いと、材料の劣化が生じる場合があります。

-材料のリグラインド率が高すぎます。

-材料が乾燥しすぎています。 乾燥時間や短縮するか、温度を下げます。 材料のサプライヤーから提供された乾燥手順を参照します。

-材料は熱による劣化に弱い場合があります。 場合によっては、高熱下で安定性が高い材料を使用する必要があります。

-デッドスポット発生の可能性があります。装置のノズルと金型スプルーのアライメントが正しいことを確認します。

-保圧時間が長すぎるか、機械に対し、射出量が小さすぎる可能性があります。 射出容量の小さい装置に金型を移動する必要がある場合があります。

2. ブリスター(気体の混入)トップ

説明

ブリスターは、成形部品上または内部にできた隙間です。 空隙(真空)とは対照的に、この表面近くには抱き込まれた気体が見られます。

可能なソリューション

-溶融温度を下げます。

-スクリュー速度を下げます。

-材料を乾燥させます。

-背圧を上げます。

-金型温度を上げます。

-リグラインドが粗すぎないことを確認します。

-金型に追加のベントを設けます。

-ゲート位置を変更します。

3. 砕けやすさトップ

説明

砕けやすさは、加工前の材料の特性から通常予想されるよりはるかに低い圧力で、部品のひびや割れが生じる状況を指します。

可能なソリューション

-材料汚染がないかを確認します。

-リグラインドの使用量を控えます。

-背圧を下げます。

-射出圧力を下げます。

-スクリュー速度を下げます。

-溶融温度を上げます。

-材料を乾燥させます。 材料のサプライヤーから提供された乾燥手順を参照します。

4. 気泡トップ

説明

気泡はブリスターに似ていますが、成形部品内に抱き込まれた空気が含まれています。

可能なソリューション

-射出速度を下げます。

-射出温度を下げます。

-材料をさらに乾燥させます。

-射出圧力を上げます。

-ベントの数やサイズを大きくします。

-射出量を増やします。

5. 焼け、ディーゼリングトップ

説明

焼けまたはディーゼリングは、成形部品の仕上げに見られる焼け焦げ状または暗色のプラスチックで、抱き込まれた気体が原因で発生し、多くの場合ははっきりと焦げた臭いを伴います。

注記: 根本原因を解決しないまま、この問題を放置すると、まもなく金型表面に損傷が発生します。

可能なソリューション

-ゲート位置を変えるか、ゲートサイズを大きくするか、その両方を試します。

-ヒーターの不具合がないかを確認します。

-昇圧時間を短くします。

-射出圧力を下げます。

-射出速度を下げます。

-溶融や金型の温度を下げます。

-金型キャビティのベントを改善します。 ベントは時間が経つにつれて摩耗して小さくなる場合があり、小さくなったベントは深さをもとどおりに直す必要があります。

-型締め力を下げてベントを改善します。 型締め力を受けてつぶれ、ベントが小さくなる場合があります。 型締め力を弱めてもバリが発生しない場合、これで解決します。 注記: これは、金型や装置の摩耗を最小限に抑えるうえで、常に有効な方法です。

-焼けの発生した辺りのベントを改善します。 焼けは、ベントのない深いリブでよく発生します。 可能であれば、焼けた部分にエジェクターピンかスリーブを設け、抱き込まれた気体を大気中に逃がすと効果的です。

6. 大小のひび割れトップ

説明

大小の違いはあれ、ひび割れは、金型内に高い応力がかかった場合か、部品に外部から力が加えられた場合に発生します。 仕上げ加工済みの部品に、外から不適切な薬剤が適用された場合にも発生します。ひびは、多くの場合、成形後数日か数週間を経て表面化します。

可能なソリューション

-射出圧力を下げます。

-材料を乾燥させます。

-シリンダー温度を上げます。

-金型温度を上げます。

-ノズル温度を上げます。

-射出速度を変更します。

-材料が部分的に透明な結晶状になっている場合は、金型や溶融の温度を下げると効果が出る場合があります。

-材料がアモルファスの場合は、金型や溶融の温度を上げると効果が出る場合があります。

7. 層間剥離トップ

説明

層間剥離は、表面の1つの層が成形部品から剥がれ落ちて発生します。

可能なソリューション

-射出速度を調整します。

-材料汚染がないかを確認します。 合わない樹脂または冷却材が誤って混入したとき、この現象が見られます。

-材料を乾燥させます。

-溶融温度を上げます。

-金型温度を上げます。

-混合不足。 成形材料の均質性と可塑化パフォーマンスを確認します。

8. 退色 トップ

説明

退色は焼けやブラウンストリークに似ていますが、一般的には暗色にはならないか、軽微な色の変化を指します。 これが原因で、部品が未加工ペレットより暗い色合いになる場合があります。多くの場合、ゲート周辺で見つかりますが、ほかの部分でも、部品全体に暗色の線となって現れる場合があります。

可能なソリューション

-ホッパーと材料口付近に汚染がないか確認します。

-背圧を下げます。

-溶融温度を下げます。

-ノズル温度を下げます。

-射出量の少ないプレスに金型を移動します。

-金型に追加のベントを設けます。

-加熱シリンダーをバージします。

-全体のサイクルを短縮します。

9. 過度のバリトップ

説明

過度のバリは多くの場合、密閉面付近、ベント溝の外側、エジェクターピンの下に見られます。 通常部品では見られないはずの場所に、プラスチックの薄肉部分または厚肉部分が見られます。

注記: バリは、非常に短い時間(わずか数サイクル)でパーティングライン面を損傷させる可能性があります。

可能なソリューション

-背圧を下げます。

-シリンダー温度を下げます。

-保圧時間を短縮します。

-射出圧力を下げます。

-射出速度を下げます。

-金型温度を下げます。

-型締め力を強めます。

-金型のベントを確認します。 使用材料によっては、ベントがあまりに深く削られすぎている場合もあります。

-密閉面を確認し、型締めトン数がかかったときに「青くなり」、適切な密閉性が備わっていることを確認します。

-エジェクターピンの口径をピン径の公差と比較確認します。 公差が大きすぎ、開口部にプラスチックのバリができる場合があります。 使用材料に対して公差が大きすぎる場合や、摩耗による経年変化で発生する場合があります。

10. フロー、ハロー、赤化トップ

説明

フロー、ハロー、赤化は、成形表面の溶融プラスチックの流れが原因で、部品に現れます。

可能なソリューション

-射出速度を下げます。

-コールドスラグ周辺のサイズと数を大きくします。

-射出圧力を上げます。

-溶融温度を上げます。

-金型温度を上げます。

-ノズル温度を上げます。

-スプルー、ランナー、ゲートのサイズを大きくします。

11. 糸引き、樹脂漏れトップ

説明

部品がゲート周辺できれいに割れません。

可能なソリューション

-サイクル中の冷却時間が不十分です。

-ゲート部分に過剰な熱が加わりました。 ノズル内の熱電対を確認するか、ホットランナーのマニホールドとノズルの温度を下げます。

-ゲート周辺をさらに冷却します。ゲート周辺に制御可能な乱流があることを確認します。

12. ジェルトップ

説明

ジェルは、成形材料品質の悪い部品の表面または内部に見られる気泡またはブリスターです。

可能なソリューション

-スクリュー速度を変えます。

-背圧を上げます。

-シリンダー温度を上げます。

-全体的にサイクル時間を延長します。

-装置の可塑化能力を強化するか、可塑化容量の大きい装置を使用します。

13. ジェッティングトップ

説明

ジェッティングは、キャビティ内で前面への成形材料の流れが不十分な場合に発生します。 プラスチックの流れまたは「蛇行」がスムーズにキャビティに入り、冷却されることで、続く材料と均質に溶融しなくなります。

可能なソリューション

-射出速度を下げます。

-溶融温度を高く、または低くします。

-より圧縮力の強いスクリューを使用します。

-ゲート径を大きくします。

-プラスチックが最初にキャビティに入るとき、リブや壁面などの障害物に当たるようにゲートを動かします。

14. 材料漏れトップ

説明

材料漏れは、通常、材料の力が金型の構造的強度を上回る場合に発生します。

注記: 材料漏れを示す兆候の1つに、マニホールドが加工温度に達する時間が非常に長いことが挙げられます。

可能なソリューション

-マニホールドロケーターが大きすぎます

-加工温度が低すぎて、マニホールド内の圧力が高まっている場合があります。

-マニホールドロケーターが金型内に押し入る可能性があります。 装置がノズルパッドにかける力を弱め、損傷部分を修理して確認し、必要に応じてロケーターを交換します。

-金型アセンブリのスクリュー数が足りません。 スクリューの数、種類、位置をアセンブリ概容図と確実に一致させます。

-ノズルの過熱でシールまたはゲートが損傷している可能性があります。 ノズルの熱電対を確認、交換し、必要に応じてノズルウェル部分を修理します。

-マニホールドが過熱した可能性があります。 ノズルウェル部分、熱電対、バルブディスク、スプルーディスク、プレッシャーディスクを確認し、必要に応じて交換します。

15. 大きすぎる部品トップ

説明

図面の仕様に比べ、部品が大きすぎます。

可能なソリューション

-昇圧時間を短縮します。

-シリンダー温度を下げます。

-保圧を下げます。

-射出圧力を下げます。

-射出速度を下げます。

-全体的にサイクル時間を短縮します。

-ゲートサイズを大きくするか、ゲート位置を変更するか、その両方を試します。

-金型温度を上げます。

16. 部品の貼りつきトップ

説明

部品をキャビティから引き出せず、まれにコアを取り出せないこともあります。

可能なソリューション

-金型にアンダーカットやドラフト不足がないか確認します。

-昇圧時間を短くします。

-シリンダーとノズルの温度を下げます。

-射出圧力を下げます。

-射出~保圧時間を短縮します。

-金型のキャビティ温度を下げます。

-型締め力を強めます。

-金型閉時間を延長します。

-部品の表面加工が深すぎます。 金型のキャビティの半分以上に新しい表面加工や表面の再加工が組み込まれていると、部品がキャビティに貼りつく場合があります。

-可能であれば、コアにアンダーカットを追加して、部品がキャビティから引き出せるようにします。

 17. ショートショット(充填不足の部品)

説明

ショートショットは、部品が完全に充填されていないときに発生します。

可能なソリューション

-背圧を上げます。

-射出圧力を上げます。

-射出速度を上げます。

-溶融温度を上げます。

-金型温度を上げます。

-ノズル温度を上げます。 マニホールドとノズルが設定温度に達したことを確認します。

-射出量を増やし、クッション性があることを確認します。

-金型に適正なベントが施されていること、ベントが詰まっていないことを確認します。

-使用している逆流防止弁に過度の漏れがないことを確認します。

-切り替え圧力、距離、または時間(仕様方式による)のポイントを増やして注入から保持に変え、注入ステージがより長くなるようにします。

-部品設計を変更します。 金型の薄肉部分は、特に、厚肉から薄肉に移行する場合に充填不足になることがあります。また、長いリブは十分にベントできません。 部品設計上問題がなければ、これらの部分を変更することで状況が改善する可能性があります。

18. スプルーの貼りつきトップ

説明

スプルーが金型内に滞留しているあいだに、コールドランナー式金型内に

貼りつきます。

可能なソリューション

-金型にアンダーカットやドラフト不足がないか確認します。

-昇圧時間を短くします。

-射出圧力を下げます。

-射出速度を下げます。

-射出~保圧時間を短縮します。

-金型閉時間を短縮します。

-ノズル温度を下げます。

-コア温度を上げます。

-ゲートを開きます。

-必ず使用材料に対し適正な設計のノズルチップを使用します。

19. 表面仕上げ(低光沢)トップ

説明

表面仕上げ(低光沢)。 光沢仕上げは、成形部品の表面で光が反射する外観を指します。 表面に凹凸加工が施された金型や充填された樹脂は、しっかりと研磨された金型表面に比べて、本質的に光沢の度合いが小さくなります。

可能なソリューション

-金型表面を洗浄します。

-部品設計上問題がなければ、成形表面の研磨度を上げます。

-シリンダー温度を上げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-射出圧力を上げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-射出速度を上げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-金型温度を上げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-シリンダー温度を下げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-射出圧力を下げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-射出速度を下げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-金型温度を下げます。 これは研磨表面を持つ金型にも当てはまります。

-溶融温度を上げます。

-適切なベントが施されていることを確認します。

20. 表面仕上げ(傷跡、しわ)トップ

説明

表面仕上げ(傷跡、しわ)。 さざ波状またはしわ状の外観が

成形部品の表面に現れます。

可能なソリューション

-背圧を下げます。

-ノズル温度を下げます。

-昇圧時間を延長します。

-溶融温度を上げます。

-射出圧力を上げます。

-射出速度を上げます。

-全体的にサイクル時間を延長します。

-射出量を増やします。

-金型表面に不具合がないことを検査します。