ホットランナーがコールドランナーより優れている多くの理由:

  • 多くの用途において、廃棄されるコールドランナーは、ピースあたりの部品コストが最大2倍
  • プロセスのサイクルタイムが短いため、生産性が一段と向上
  • コールドランナーを排除すると、ランナー操作、ゲートトリム加工、再研削の追加作業は不要
  • 追加のオーバーヘッドの管理に加え、冷却能力、廃棄するランナーの研削に起因する騒音やほこりといったその他の操作要素の管理

このホットランナー位置調整ツールにより、ホットランナーとコールドランナーの迅速な経済性分析ができます。

基本ツールにおいて必要な、わずか3項目の簡単なユーザー入力のポイント:

1. 成形部品の重量

2. 最大肉厚

3. 樹脂

これら3項目の基本入力に基づいて、2個取りから48個取りまでの範囲において、残りの要素が推定、算出されます。 出力グラフで、ホットランナーとコールドランナーそれぞれを選んだ場合の容量とコストの内訳を比較します。

詳細とカスタマイズについては、この先進ツールでは、特定用途に合わせた追加入力と変更が可能です。

この比較ツールは、近似値しか出さないため、あくまで参考としてご利用ください。 さらにサポートが必要な場合は、お近くの営業担当者にお問い合わせください

 

Part Weight (kg)
Maximum Part Thickness (mm)
Resin
Resin Cost ($/kg)
Allowable Percentage of Regrind
Energy Cost ($/kWhr)
Manpower Cost - Machine Operator ($/hr)
Overhead Rate (Injection Molding Machine, Building, facilities) ($/hr)