PowerPAK


高性能電動技術の新標準


説明

PowerPAK完全電動式射出成形装置を使用すると、同等の装置よりトン数を増やすことができます。 同等の装置に比べ50~60%もエネルギーを節約できるMilacronのPowerPAKは、環境に優しく、高い速度と再現性、清浄度、最高レベルの部品生産性、品質、収益性を実現します。

PowerPAKは細部まで製造要件と用途に合わせて構成されるため、お客様は極めて幅広いクランプや射出装置を組み合わせることができます。 PowerPAKは、高速、超精密ラックアンドピニオン式クランプ、応答性を高める低慣性モーター、市場の他の包装装置より高性能のコンポーネントを備えており、市場競争力を高めつつ運転コストを削減できます。

 

仕様

モデル

米国標準

PowerPAK

モデル/トン数

射出

サイズ範囲

クランプ

ストローク

最大

ゆとり

最小 金型

厚さ

プラテン

サイズ

タイロッド

クリアランス

オンス インチ インチ インチ インチ インチ
NTM 440 21~130 26.57 56.1 9.84 46.26 x 45.27 33.07 x 33.07
NTM 550 38~130 34.64 67.72 9.84 50.8 x 50.8 36.22 x 36.22
NTM 750 38~195 39.37 78.74 15.75 57.1 x 60.0 40.16 x 40.16
NTM 935 38~195 47.24 94.49 17.72 68.3 x 60.8 49.21 x 39.37
NTM 1125 38~195 51.9 103.9 15.7 81.5 x 70.9 61.0 x 47.2

 

メートル系

PowerPAK

モデル/トン数

射出

サイズ範囲

クランプ

ストローク

最大

ゆとり

最小 金型

厚さ

プラテン

サイズ

タイロッド

クリアランス

g mm mm mm mm mm
NTM 440 583~3,685 675 1,425 250 1,175 x 1,150 840 x 840
NTM 550 1,077~3,686 880 1,720 250 1,290 x 1,290 920 x 920
NTM 750 1,077~5,528 1,000 2,000 400 1,450 x 1,525 1,020 x 1,020
NTM 935 1,077~5,528 1,200 2,400 450 1,735 x 1,545 1,250 x 1,000
NTM 1125 1,077~5,528 1,320 2,640 400 2,070 x 1,800 1,550 x 1,200

 

仕様

クランプ

PowerPAKクランプ設計の特徴

  • クランプ機能と可塑化機能の同時操作
  • ラックアンドピニオン式
  • FEA法を用いて設計した剛性鋳造プラテン
  • 硬化鋼製クロム加工トグルピンと潤滑油低減ブラッシング
  • 調整可能な可動式プラテンサポート(750~1,125)
  • エジェクター縮退のオーバーライドでサイクルを高速化
  • SPIノックアウトパターンにせん孔エジェクタープレートを使用
  • 再試行回路で低圧金型保護
  • 自動調整可能な型締めトン数設定
  • パルス式離型
  • エジェクター前進停止タイマー
  • 高速離型
  • 第3のプレートの選択で、必要に応じ、より高速の型締めが可能
  • 長いクランプストローク、大きい最大ダイ高さ
  • 最小の金型高さで極めて汎用性の高い成形に対応
  • プレインジェクション
  • リニアベアリング、グリス不要のタイバー、ウォークアップ式ベース設計(440~550)

 

MOLDGUARD、フルストローク時の金型保護

先進的保護ソフトウェアMOLDGUARDは、すべてのPowerPAK装置が標準装備するMosaic制御パッケージの一部として、Milacronのみが提供しています。 MOLDGUARDソフトウェアは、クランプを閉じる際に必要な力を測定し、これを前回サイクルの参照曲線と比較します。

最初の型締めサイクルでは、力が参照曲線として保存されます。 クランプのセットポイントが変わるたびに、新しいベースラインが記録されます。 新しい参照曲線が収集されるときは、MOLDGUARDが無効となります。 ただし、金型保護は常時有効のため、新しい参照サイクル中も金型が保護されます。

ユーザーが設定するアラーム帯域が、参照曲線の力の値に加わります。 次の型締めサイクルの実行中、現在のクランプ位置力が参照サイクルの保存された値と比較されます。 プラスチックは空気より貫通しにくいため、部品が膠着すると力の値が大きくなります。 クランプを閉じるのに必要な力が参照曲線とアラーム帯域より大きい場合は、アラームが鳴り、クランプが縮退します。

オペレーターは、制御画面の[最大力偏差]表示ボックスによって、小さい帯域で動作させ、無駄なアラームが発動されないように、アラーム帯域に入力すべき値を決定します。 このボックスに表示される値は、参照曲線と現在の曲線との力の差の最大値です。

MOLDGUARDの特徴

  • ON/OFFを選択可能
  • アラーム帯域で感度を調節可能
  • オペレーターが開始位置を調節可能
  • 実際の力の読み取り値
  • 最大力偏差が関連位置と一緒に表示されるため、設定が簡単
  • 摩擦と温度の変化に対応し自動調節
  • 標準の金型保護が常に有効
  • 金型を損傷から保護
  • 早すぎる、または過剰な摩耗から金型を保護

射出

PowerPAK射出機能

  • 型締め動作中に押出装置を独立して操作可能
  • 真の閉ループプロファイルによる射出速度
  • 5ステージの背圧制御
  • 5ステージのスクリュー回転数(RPM)
  • インライン装置における射出装置のスイベル動作
  • ノズルアラインメントを都度実行
  • ノズルとバレルのPID温度制御を自動調整
  • 押出装置の始動時間を遅延させ、安全を確保
  • ホッパーのスライド式遮断
  • コールドスクリュースタート保護
  • 正確な位置、圧力、時間の射出移送
  • A’-A-B-C型のスクリューとバレルの組み合わせ
  • ボールチェックまたはスライド式スクリューチップ
  • 最大36,000 psiの射出圧力
  • 手動金型パージ
  • スプルーブレイク
  • 押出装置の射出の前または後に減圧

SIDEWINDER 2ステージ射出装置

PowerPAKシングルローラースクリューにより、より簡単な手段で、サーボモーターの回転動作を射出プランジャーの直線的な動作に変換できます。 この結果、ユーザーは、高い信頼性と耐久性を長期間得られます。 複数のボールネジを使用する他設計では複数のベルト、滑車、耐荷重アクチュエーター間で荷重バランスを維持する感応型調節機能が必要です。

PowerPAKの2ステージ射出装置は、独自の羽根付きプランジャーチップを使用しています。 押出装置から材料を受けるサイドエントリポートと組み合わせ、「ファーストインファーストアウト」の材料管理を徹底できます。 射出量の多少にかかわらず、射出された材料の前の方でも後の方でも、材料のすべての粒子について、温度履歴はまったく同じです。 PowerPAKの2ステージ射出装置では、往復スクリュー装置と同じように簡単に、色やプロセス製造材料を変更できます。

大型全電動装置の専用標準装備

  • 射出容量が拡大
  • 成形の汎用性、メルト品質、配合、ベンティングの利点を追加
  • 電動システムに組み込む設計では、往復スクリュー型よりはるかに有利
  • 可塑化機能と射出機能を分離
  • 成形能力と汎用性を向上
  • 高射出率、圧力、量を比較的小さい電気機械的駆動装置で実現
  • 高精度の少量射出能力を追加

制御装置

あらゆる用途に対応する高精度制御技術

MOSAIC制御システムは、高性能な制御システムで、すべての装置機能と関連部品の製造プロセスを制御、通信します。 MOSAIC制御システムを使用すると、信頼性、性能、使いやすさが向上し、プロセスを常に制御できます。

  • 軸ごとに独立した前進・縮退動作用の手動キーを用意。
  • オプション追加用として工場がプログラムを組み込めるボタンを装備。
  • 装置の機能とオペレーター用手動キーは、合理的に集約・分散して配置。
  • スイングアームマウントはオペレーターごとに最適の位置に配置できるため、成形領域が見やすくなります。

 

MOSAIC制御システムの特徴

  • 15インチ型(対角381 mm)画面
  • TFTフラットパネル
  • タッチスクリーン式(アナログ抵抗膜式)デュアルIntelプロセッサー
  • スイングアームマウント
  • IP65等級保護(汚れや汚染の浸入から保護)

 

Mosaicのオペレーター画面の特徴

  • 簡潔で見やすく、理解しやすい画面レイアウト。
  • 関連するキーはまとめて直接アクセスできるため、装置設定が簡単。
  • データやテキストはポップアップ表示のキーボードで入力。
  • ドロップダウンの選択ボックスでリストからアイテムを選択。 照光付きオン/オフボタン。
  • 言語と単位の選択。

 

MOSAIC制御システムの画面表示

 

直感的に操作できるタッチスクリーン式

02intuitive-screens

  • 関連するキーは画面左端でまとめてアクセス
  • 特殊機能のキーは画面右端に表示
  • 画面上部のメッセージバーに、発生したアラームの内容、または有効なアラームがない場合は現行のメニューを表示
  • 画面下部のステータスバーを一目見るだけで、センサーから実際に送られたフィードバック、現行のサイクル数、現在のログインユーザーなど、装置の重要なパラメーターに関する現在のステータスを確認できます。

 

[セットポイント概要]画面

03overview-screen

  • 1画面でクランプ、エジェクター、射出および押出成形機を設定
  • [初期設定]タブで定義されたとおりに構成
  • 迅速な設定と調整
  • オペレーター設定効率を向上

 

[射出設定]画面

10injection-set-up

  • 押出装置の機能
  • 射出セットポイント
  • パック圧と保圧のセットポイント
  • スプルー/スレッド
  • 金型ゲートオプション
  • 半自動パージオプション

 

[型締め設定]画面

04clampsetup-screen

  • トン数
  • 金型高さ
  • 開位置と閉位置
  • エジェクター
  • エア突き出し

 

[構成可能なI/O]画面

05configurable-screen

  • 信号インターフェイスの突き抜けた柔軟性
  • 8個の24 VDC入力または出力信号
  • 信号は装置のサイクルステータスで設定
  • 41の出力サイクル状態と14の入力許可
  • 構成可能な入力用パルスタイマー

 

プロセスモニターのトレンドグラフィックス

06trend-graphics

  • トレンドグラフィックスを使用し、トレンドをオンライン監視
  • 監視対象の変数から選択(選択肢は50超)

 

[プロセス監視]画面

07process-monitoring

  • プロセスの一貫性を追跡確認
  • 時間と位置の高解像度フィードバック
  • 選択可能なアラーム帯域

  • 50を超えるリストから最大16個のパラメーターを選択

 

プロセスのグラフィック表示を改善

08enhanced-process-graphics

  • 1~2つのグラフを表示可能
  • 保存された参照ポイントとの比較が可能
  • 使いやすいカーソル制御と拡大表示制御
  • 調整可能な「Y」スケール

 

グラフィック表示での射出設定

09graphical-injection

  • 最大10か所のセグメントの射出速度
  • 位置、量、圧力、時間の各セグメントを移動
  • 最大10ステップのパック/保持の圧力/時間/速度
  • 油圧式またはメルト圧力を表示
  • 圧力と速度の実際の値をグラフィック表示

ビデオ

ダウンロード

製品見積り