融液率が大幅に高まるよう最適化されたMilacron独自のスクリュー技術

生産性を高める技術をプロセスに導入しませんか。 一段と高速かつ効率的に溶融させるバー型可変バリア式エネルギー伝達スクリューは、Milacronアフターマーケット部門でのみ取り扱っています。  最も要求の高い用途にも対応できるように、当社チームがカスタマイズしたソリューションなら、混合と溶融を促進し、電気代を節約し、プロセスの生産性を最大50%改善します。

優れたスクリュー

  • 生産率の向上
  • 溶融温度の引き下げ
  • 混合を促進
  • せん断エネルギー供給を低減
  • エネルギー効率を改善
  • 熱伝導で融解を促進
  • ホットスポットなし、むらなし
  • 多種多様な樹脂に対応

バー型VBETの違い

一般的な密閉スクリューは、溶融フィルムが非常に薄く、溶融前の樹脂の大部分が溶融樹脂から分離されていました。 この結果、溶融温度が高くなり、下流で溶融ポリマーを冷却する必要がありました。 このバー型VBETは、溶融前のペレットを溶融したばかりの成形材料と混合し続けるため、溶融前のペレットの接触する表面が、従来式スクリューの固体の壁よりはるかに溶融しやすい表面となり、溶融率が大幅に向上します。

バー型VBETの仕組み

バー型VBETスクリューの溝は、2つ溝で構成されています。 スクリューに沿って、一方の溝からもう一方の溝に粒子が流れ、粒子の位置が常に変わります。 一方の溝で表面層にあった粒子は、もう一方の溝では中心層に移動します。 成形材料を継続的に混合すると、この固体/メルトフロー機構によって均質な成形材料、均一な溶融温度となり、スクリュー溝に不要なホットスポットができません。

バー型VBETの利点:

  • せん断力を低く抑えられる独自の形状設計。 スクリュー長の約半分がエネルギー伝達に貢献し、熱伝導溶融が約30%も促進されます。
  • 熱損失が減少し、溶融温度を低く抑えられます。 このバー型VBETのエネルギー伝達部分は、すでに溶融しているポリマーの熱を伝えることで、30~50%のポリマーを溶融できます。この結果、下流での冷却が不要となります。
  • むらのない成形材料品質と溶融温度。 バー型VBETスクリューの溝は、2つ溝で構成されています。 スクリューに沿って、一方の溝からもう一方に粒子が流れ、粒子の位置が常に変わります。 このような仕組みで固体と成形材料が流れることで、成形材料の混合が続き、不要なホットスポットがなくなります。
  • 加工能力が大幅に向上します。 バー型VBEスクリューの混合および溶融部分は、通常のスクリューより30~50%も長くなっています。 バー型VBETスクリューの熱伝導溶融機能により、高粘度材料(PVCなど)やメルトフロー率(MFR)の高い材料など、より幅広い樹脂を加工できます。